参加者Y.K様(JBCHヒプノ講座を受講して)


無意識の世界を知ることからはじまったこと
これまでの私の物へのとらえ方は「無意識の世界」とは、ボーとしてレベルの低い世界、無意識でやっていたあらゆることへは誰かの咎めのような声が聴こえてきそうで、情けない世界だと思っていた。意識して頑張り続けることが自分にこの世で課せられていることだと思っていた。言葉で「ムイシキ」世界を理解していたとも言える。 
 
私は、自分の意志を尊重しながら、ずっと生きて来たと思っていた。自分の意志を頑固に主張しこだわるのが私の姿だった。母にお世話になったのは、結婚と病気治療へのきっかけぐらいだった(もちろん随分感謝している)。

「心」ってなければいいのに・・・。煩わしいとも思っていた。悲しんだり、悩んだりを切り捨てて生きていきたいとなんとなく思っていた。そんな話題は迷惑とも思えた。
私は、何だか事務所の中で子育てしていたようだった。家にも出勤簿がある感じを持ち続けていた。
みんなの中でなんとなく楽しく過ごせない私、学校ではやりがいをもって元気よく過ごせているのに、ふっとこの子たちからはどう思われているのか考えるとものすごく不安だった。話題が続かないからか。


無意識が行動をコントロールする/想像力はすべてを現実化する/自己暗示ですべてが変わる
私たちには、無意識と意識の2つの自己があり、それぞれ知性があり・・・無意識の知性は記憶力が良く信じやすく素直、で脳を介入することなく体に訴える。器官が実際に良くなったり感じられたりする。また想像力は意志に勝つ。


無意識世界はすごい世界であった。私はこれまで、無意識の知性に気づいていなかった。ただ、想像力「イマジネーション」とは夫がよく使う言葉だなと思い出した。振り返ると以前は自然に良い考えが湧いてきたのに、息子がパニック症になってからは、職場でがんばろう、やらなければいけないと思うほどドキドキ感がでてきて何も考えられなくなった。


悲しいと思ってはいけない、私が頑張らなくてはと思っても、気持ちに何処かで蓋をしようとすると、どこかで倍増して出てきてしまうことに気づいた。感情を捨てた私にも、これこそ無意識の世界がきちんと覚えていてくれた。私の自身のなさは、私の無意識をこれまで受け入れられなかったことにもあるかもしれないと思えてきた。そう考えると、私はいつも仕事や(意識した知性をつくる)勉強に逃げていたけど、いろいろな時々、解決はなくても、自分から話し合ったり触れ合ったりしていれば、悲しさや怒りからも何かを気づけていたのかもしれないと思う。少なくとも私の心を人に伝えていくことはできたし、周りの人や亡くなった義母にとっても気持ちを通わし、安心できる人間味のある人、嫁になれたのではないかと思う。


実は、無意識の世界は、自分の心の中のものであったということがわかった。しかも、無意識の世界は本来の私を見せてくれた。これでいいよ、いいんだよと。
若い頃「大丈夫、大丈夫」って自己暗示をかけて何でもやっていた気がする。結婚して主人に頼り、決断を人任せにして、自分と会話するのを逃げていた。自分ではどうすることもできないと固く信じていたのだ。意志は確かに想像力には勝てなかった。これで上手く行くはずと信じていた頃は良かったけれど、不信感から徐々に心が落ち込んでいったことを思い出した。それからは何となく自分の思いで動き出していろいろなことが起こった。「人間の無意識(の自己暗示)が多くの病の源であるなら、心身の病を治癒させるのも無意識です」


「物事に、たくましく意思決定できる、成長した私がいるぞ!」
これは、先日の学習会で先生とつくった私の自己暗示文だ。その時は実感がわかなかったが、思い出しては繰り返すうちに、「私がいるぞ」が「私になるぞ」では、想像の世界に入れないし、「たくましく」は自由にのびのび考えるために私には必要だと思う。「意思決定」は物事を決断実行せず、先送りしたい私にはピッタリの文だ。朝だけでなく車を運転するときや気づくと一区切りごとに思い出して何度も唱えている。行動が素早くなった気がして、いろんなことが無理なく気負いなくこなせるようになった。

 
連休中、息子や娘に接するとき、かなり有効な気がして、自分ってこんなに人のためにやれて、疲れないんだとびっくりした。確かに私の中の無意識の部分に働きかけていると思う。特に、次の言葉は名言だと納得した。
①意識と想像がぶつかるときは、想像が常に意志に勝つ。
②意志と想像がぶつかるときは想像力の力は意志の2乗に値する。
③意志と想像が一致するときは意思は負けるどころか想像によって倍化される。
心の中の「どうしよう、どうしよう」が消えた気がした。すばらしい治療だと思った。息子にもこれがいいと思った。
今後、この勉強を続けると新しい世界や大きな気付きが湧いてくる気がしてならない。
まだ準備がはじまったばかりだ。粘り強く続けて行こうと思う。
 

参加者Y.S様(TA講座を受講して)


日々、何かに向き合い精進している中で、何をもって自分を認めるか?
その答えは「自分自身を大切にすること」。
この大事さを実感しました。
 
美妙先生からは学び得ることがたくさんありました。
美妙先生の体温が伝わる様な温かみがある1つ1つの言葉は、体に馴染み染みこむ感じがして、とても心地が良くて・・・愛で包み込んでくれる様な・・・そんな時間を過ごした様です。

TA(交流分析)は、その人を固定化してタイプ分けするスキルでは決してなく、今の心のあり方を相対的に見て、その人が最も望む心のバランスに近づく為にサポートするもの、気づきを与え、心の成長に繋げるものだ、という事を知りました。
 
TA(交流分析)のエゴグラムは、常に人の感情でリアルタイムで起伏している生き物の様。
その6個の点と線が頭の中でイメージとして可視化することで、向き合う現実、相手の状況を観察して即対応ができるのです。
その経験を①②のカリキュラムで学び気づき、おかげ様で自分の今後のスキルとなりました。
 
このエリック・バーン博士のTAスキル、NLP、そしてマズローの5段階の欲求に加え、ワイス博士の理論の要素が組合わさることで、どのように今抱えている問題を何によって解決していくのか?
何をもって未来への一歩を踏み出す勇気に変えるのか?
など、希少な美妙先生のTA講座の中で引き続き学び得たいと思います。

参加者H.M様(TA講座を受講して)


TAを受講し、感じた事の第1は、NLPとの違い。ワークは少ないが、自分自身をまず知る事。カウンセリングにおいて、まず、自分を良く知っておく事から始まる。その点について、TAで学んだエゴグラム、OK図表、ゲーム分析、そして、ストロークの壺は、自分を掘り起こす事に非常に勉強になりました。
 
ただ学問として知るだけでなく、山田先生の解きほぐしと、参加した皆さんとの会話の中に、自分を知る手だて、方法が納得のいく理解の仕方ができ、充分、体の中に浸みていけた事に感謝します。
今後、TAの習熟をトレーナーとして身に付け、多くの人達、特に幼少期からの保護者や思春期の当事者に教え、伝えていく機会を持っていきたい。

参加者Y.K様(TA講座を受講して)


「魂が動かされる」
4日間の講座を受講して一番感じたことです。この動きは、1ヶ月ほど続き、安定した場所に落ち着くような気がします。興奮と感動の前2日間、より掘り下げて感じられたこの2日間でした。
「6つの自我状態」のことを知ってから、安心して同僚と話せるようになりました。いくつもの面を持つ自分はこれでよいのか、いろんな面を見せてくれる人たちに自分はどう対応したらよいのか、私の中の迷い、葛藤でしたから・・・。
「ストローク」「ディスカウントのつぼ」など実感を伴って感じることができました。
「ゲーム」も興味深いもので自分のトラウマになっている部分と重なり、あの頃の自分の行動を自分で受け止めてあげられそうです。

参加者M.K様(TA講座を受講して)


大学の時に学んだ心理学と比べて、人間の持つ色々な状況の変化に対応した心理学との感想です。やっと当たり前の心理学という気がします。又、分析だけで終了するのではなく、どうすればよいかの方法論もあり、非常に有効だと思います。自分が今まで漠然としていた部分を体系化してあるので、自分自身に対しても非常に理解がよく出来ます。
今回は息子の好転について有効な手立てとなればと思い参加させてもらいましたが、息子の生まれて以来を考えてみるとこれも至極当然な結果であろうと感じます。色々な要因があり、その状況状況の変化もあり、変更できる要素、変更できない要素等、様々な事を思いした。

参加者R.A様(TA講座を受講して)


この4日間で感じた大きな収穫はTAについての認識が変わったことです。
受講前は人間のタイプを分類して個々のタイプ別の攻略法?を伝えるものかと思っていました。
実際学んでみると、大事な点はどう人生を有意義に生きるか、という事であると感じました。特に他者との関わり方が重要であると。
そして、TAの講座の中で多用するエゴグラムは「分類のルーツ」ではなく、その時点(いま)における自分や他者の「状態」を「知る」ためのツールであると分かりました。

心理識の立場でクライアントに安易な分類を行い、「決め付け」としてレッテルを貼ることに大きな違和感を感じている自分にとって、美妙式TAは信頼に足るものであると思うことができました。
RCに「自罰」「他罰」「無罰」という概念がある点も実利的であると感じました。
そして、それらすべてが美妙さんの経験と人柄に立脚しているものである「素晴らしいもの」であることがよく分かりました。